eRoGvGTracer ▲戻る




 eRoGvGTracerは、RagnarokOnlineのギルド戦について、砦の取得ギルドの遷移をリアルタイムに記録し表示するソフトです。


 最新版のダウンロード:2009/1/11 Ver 0.46)
  eRoGvGTracer046.zip (714KB、実行ファイル+ソースコード)

 Fortress.iniのダウンロード:
  Webサーバーより取得可能になりました。

 動作環境:
  Microsoft Windows 2000/XP
  RagnarokOnline 日本語版Episode3.0以降

 ★必須★
  .NET Framework 1.1再頒布パッケージ
  Microsoft .NET Framework ダウンロード情報からダウンロードできます。
  (分からない人は再頒布パッケージ(直リン)をインストールしてください)
  WindowsUpdateのWindowsXX(自分のOS名)からもインストールできます。

 変更点:
  2009/1/11 Version 0.46を開発。
   攻城戦SEに対応しました。

  2008/9/21 Version 0.45を開発。
   2008/4/1のパケット変更を戻しました。
砦の落城メッセージの変更に対応しました。

  2008/4/6 Version 0.44を開発。
   2008/4/1のパケット変更に対応しました。

  2006/1/22 Version 0.43を開発。
   eRoGvGTracer.iniのキー名の指定が間違っていた不具合を修正しました。

  2006/1/22 Version 0.42を開発。
   パケット長を取得し、RawSocketとWinPCap3でも動くようになりました。

  2006/1/15 Version 0.41を開発。
   RoAddr.dllが動かなくなったので、自作版を添付しました。
   Windows 2000/XP専用になりました。

  2005/10/9 Version 0.35を開発。
   Webサーバーから砦占領情報を取得する不具合を修正しました。

  2005/9/4 Version 0.34を開発。
   ログ保存形式の不具合修正。

  2005/9/4 Version 0.33を開発。
   Webサーバーから砦占領情報を取得できるようになりました。

  2005/8/21 Version 0.32を開発。
   パケット処理の不具合修正。

  2005/2/4 Version 0.31を開発。
   ログウィンドーのフォントボタンの不具合修正。
   GvGマップへの移動で自動的にタブを切り替え。
   Fortress.iniの保存形式とWebへの送信形式の変更。

  2004/11/14 Version 0.30を開発。
   Webサーバーと連携するようになりました。
   ログウィンドーでフォントを選択できるようになりました。

  2004/5/3 Version 0.22を開発。
   ログをファイルに記録する設定が保存されない現象を修正しました。

  2004/4/10 Version 0.21を開発。
   落城情報更新後にログを表示するとフリーズする現象を修正しました。
   ログの読み込み方法に直接入力を追加しました。

  2004/3/31 Version 0.2を開発。
   WinPCap3、RawSocketに対応。

  2004/3/20 Version 0.1を開発。